FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

花見 味噌汁 人の暮らし。。。

greetingガーベラの子ども

お立ち寄りくださって ありがとう♡ Photoは ガーベラのこども。植木鉢をリビングに置いてあるので 寒風があたらない。暖かい日差しを受けて ニョキニョキと茎を伸ばしています。

さて 昨日のこと ふたつ。

その① 紅梅のお花見。
お花見をしたのは 保育園の子どもたちです。近くに 保育園があるの。たまに 我が家の前を 先生と子ども達がお散歩しているのですが 昨日は 紅梅のところで 立ち止まったみたい。何やら にぎやかな声がするので 窓を開けました。

わたしに気づいた先生が 「とってもきれいに咲いているので お花見させていただいていいでしょうか」ときくので 「どうぞ どうぞ」とうれしくなる。園児たちに 「こんにちは~」と挨拶すると 「こんにちは~」と 元気な声。なかには 手を振る子もいたりして かわいいなんてもんじゃない。先生が 「ほら いい香りがしますよ~」っていうと 子ども達は 花を見上げて お鼻クンクン これまた かわいい。お花見といっても 5分ほどでしたが ワイワイ キャッキャッの 幼子の声が響いて とっても平和なひとときでした。

保育園児がお花見2月22日

ちなみに 紅梅の樹形が 少々 妙な形に見えませんか?もとは こんもりと 丸く見える樹だったのですが わたしが 素人剪定しているので 変形してきちゃいました。ちょっと ハートの形に見えなくもないような。梅の木って どんどん大きくなるから 管理するのが ひと苦労。昨日は ちょっと 報われた思い。だって 通りかかった先生や子ども達が お花見してくれたんだもの。花も喜んでいることでしょう。

その② 草餅入りの味噌汁。
先日 料理研究家の土居善晴先生が tweetしていたのが 【草餅入りの味噌汁】のこと。それに関しては こんないきさつがあります・・・土居先生が FMラジオ番組で 『固くなった草餅を 味噌汁にいれたら おいしかった』という話をしたそうだ。それをきいたリスナーが 真似てみた。ところが いまいちだったのか。『味噌汁に草餅を入れても 期待したほどではなかった』というようなことをtweetしたの。それについて 先生が やさしい言葉で 反論というか 意見を述べられた・・・というもの。

ならば その味噌汁 わたしもやってみようと思ったわけ。リスナーさんにとっては ?という味だったけど わたしは どうなんだろう。

やり方は わたし流。インスタント味噌汁を使いました。

草餅とフリーズドライ味噌汁

草餅は前日に購入して 冷蔵庫に入れておいたので 固いし 冷たい。レンジで一瞬チンして あっためる。フリーズドライの味噌汁に 熱湯を注ぎ 草餅 ぽちゃんと入れてみた。

草餅味噌汁

草餅をわると 粒あんが登場。

草餅味噌汁b

食べてみますよ。う~ん わたしは 好きかも。ただし 味噌汁が ちょっとしょっぱ過ぎ。でも 全体的には まぁまぁ いける。食感 味感 いい感じでした。もともと 粒あんの草餅 好きだし 味噌汁もね。

ところで 実は 草餅入り味噌汁の味云々より 土居先生のコメントが とても心に残ったの。先生の リスナーさんへの意見は このようなこと(原文)

その味噌汁のコンディションと草餅の餅の甘さ 粒餡の状態の関係性が どうあれば美味しくなるかと 想像力をはたらかして楽しむもの。自分の経験で結論づけて どやこや言うても なーんも面白くない。怒ってんのちゃうよ。

さらに こんなことも。

そもそも賞味期限過ぎて固くなった草餅を 湯で温め 柔らかして味噌汁に入れたら けっこういけたいうだけの話。もったいない ものを生かす工夫 他者に話し 共感するおもろさ。それはまた 経験にもなって 次につながる。これが 人の暮らしのおもしろさ。

想像力を働かせて楽しむ。自分の経験だけで どうこう結論づけない。もったいないものを生かす工夫 それを人に話し 共感しあえる嬉しさ。それがまた 自身の次の経験 あるいは 他者につながっていくんだということ・・・そのことに とっても 共感しました。

例えば 他の方のブログを読んでいると 真似てみたくなる つい試したくなる やってみたくなる あるいは 同じように考えてみたくなるってこと いっぱいあります。些細なことでも ワクワクする。そうして 人から人に 何かが伝わり それぞれの経験値も増えていくように思います。それが 人の暮らしのおもしろさ。

ちなみに 草餅入りの味噌汁は 白みその方が合うかもしれない。色味からいっても 草餅の緑とベージュ色の方が 春っぽい。そう思ったので また 機会があれば 草餅入りの味噌汁 トライしてみよう。まだまだ 結論は 出せません(^_-)-☆

ところで その①に書いた 保育園児のお花見ですが 紅梅の花姿や香りが 幼子たちに伝わって それもまた 彼らの経験になっていくんですよね。花を愛でる楽しさ 感じてくれたかな。まぁ 記憶には残らないと思うけれど 我が家の紅梅が お役に立てたのなら うれしいです。

それでは 
どうぞ よき日を お過ごしくださいGood Luck

greetingガーベラたち    ガーベラ

読んで下さって ありがとう ♥ また あしたね 。   kemeHava a nice day

ポチッも ありがとう。 とっても 励まされてます(^^)/