FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

もう二度と 行けないのか。あこがれの・・・。

グリーティング 菊のつぼみ

お立ち寄りくださって ありがとう  Photoは 菊のつぼみ。これからの季節 この花も 美しく咲きそろいます。

きょうの話題は 海外ドラマのこと。

とてつもなく 好きでたまらないのが イギリスBBCの【ブラウン神父】です。 古典ミステリーの名探偵【シャーロック・ホームズ】 【ポアロ】と並んで こころひかれる 名ドラマ。

ブラウン神父

一話完結。毎回 殺人事件が起こるので 血まぐさい場面もありますが 見終わった時に なぜかほっとする。そんなドラマです。話の筋もさることながら 主人公・ブラウン神父と 脇を固める人物たちの 個性的なキャラクター。世話好きな家政婦兼秘書さんがかぶっている帽子は 毎回違って しゃれている。気の強い侯爵夫人のファッションも すごく素敵で 色の使い方をまねしたくなる。ちょい悪風の運転手も 情に厚くて 憎めない。

そして

何より わたしの心をひきつけているのは ドラマのロケ地である イギリス・コッツウォルズ地方の風景なの。まるで 絵本の中のページにあるような 広大な草原や庭園 中世の古い石壁の町並。それらの美しい風景に 癒されています。

『癒される』と感じるのは 風景からだけではなく ブラウン神父には 犯人の心を救おうとする視点もあるからかな。なぜ どのようなことで 犯行が行われたのかというところまで洞察する 彼の目線が とってもあたたかいのです。神に仕える仕事だからといってしまえば そうなのですが それだけでないものを 感じちゃう。ちょっと小太りで どこか落ち着きのない神父さまが 自転車で走りぬける道には 季節の花々が 美しく揺れている。風景と登場人物たち もうたまらなく 魅力的。

わたしね 一度だけ イギリスに行ったことがあるの。それも イギリスのドラマに思い入れの強い理由の ひとつかな。

平成6年に郷里に戻ってきてから 数年後 夏季休暇をとって ひとり イギリス・アイルランドのツアーに参加しました。これが 実に楽しく 面白かった。自由行動の時は ひとりでフラフラと散策したりして 大好きなギネスビール🍺に出会ったのも この時。

お土産に買った こんなマグネット 使っています。

コッツウォルズマグネット

それと 思い出の写真。たしか アイルランドの古城の前で 衛兵さんとパチッ。なんとまぁ 若かった。ムカシの顔 出しちゃおう(^_-)-☆ このころは 眼鏡なし。今は 遠近両用 はずせない(>_<)

アイルランドの古城で1997

旅の途中 「また 来たいなぁ。絶対 来る」と 心に決めていたのですが もうあれから 23年。今では パスポートも すっかり 期限切れ。

イギリスの旅を終えたあたりから 転職を考え始めて その後は 退職 学生生活 転職 資格取得・・・と 海外を旅するような余裕はありませんでした。

『また イギリスに行きたい』という気もちは 心の底に ないではない。

でも 今や 65歳。年齢のせいにするつもりはないけれど 気力・体力が 若い時とは 段違い。何より 財源が不十分。それに コロナ禍の状況ですから 再び イギリスを旅することは かなわないでしょう。ならばせめて あの時巡れなかった コッツウォルズ地方を舞台にしたドラマをみて 雰囲気だけでも たのしみたい。

そういうこともあって 夜な夜な 『ブラウン神父』に ご執心というわけです。ちなみに わたし 痩せている男性より ちょっと太っている人が 好みかも。亡き夫も 少しぷっくりしてました。なんか 安心感があるんですよ ふとっちょさん。ブラウン神父 そういう意味でも 好きなのかな。

ところで 今朝は とある宿から 投稿しているんですよ。先日の記事に書いた お宿です。 ひとりでも泊まれる お宿探し

Gotoキャンペーンを利用した ミニ旅。家から車で40~50分ほどの 海辺の温泉宿で のんびりと リフレッシュ。この記事は 一昨日のうちに 下書きをしました。こういう時は ささっと準備できちゃうから 不思議ね。

あこがれの イギリス・コッツウォルズには行けないけれど 近場の お手頃な旅なら たまに 出かけて 楽しめもう。それもあって もうしばらくは 働くの。そのあたりが わたしの身の丈かもしれません。

秋色クローバー。最近は いろんな色あいのクローバー(園芸用)を見かけますね。あっ 四つ葉

グリーティング クローバー赤紫

きょうも 読んでくださって ありがとう ♥

    keme

応援クリックにも 大感謝ありがとうございます !(^^)!  また あしたね(^^)/

ぽちっとして くださいな

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ



にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ