FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

友からの ありがたい申し出を断った 夜。

昨夜 友達Aさん(隣市在住)から 電話あり。

彼女とは 4月初めに会うことになっていましたが コロナ自粛で 延期になっています。そのことは先月の記事に 友との約束をキャンセル。

彼女は 65歳になったばかり。2月に お誕生㊗ランチをしました。4月には わたしのお誕生㊗ランチをする予定だったんです。お誕生日の朝 彼女からのお祝いメールがあって お祝いの言葉と 『コロナが終息したら 会おうね』という言葉。もちろん わたしも 同じ想い。

そしたら 夕べの電話「元気にしてる?」という彼女の声から始まって 延々 40分のおしゃべり。

彼女は クリスチャンなのですが 今は 教会のミサもお休みになり ひたすら おこもり部屋で お祈りモードとか。近所の散歩以外は ほとんど どこへも出かけていない。ご主人は 週3日働いているので その日は さらに のんびりモード。お子さん家族は かなり遠方に暮らしていますが いつもLINEで 様子がわかるから とりあえず安心している。でも このコロナの脅威に 様々な心配がつきないそうです。

お互いのコロナ不安を表出しあって ため息をついたころ 彼女が 「こもっていて思うんだけどさ。今のワタシの 暮らしの雰囲気 昭和40年代ぐらいの感じ」というから 「なんで?」と わたし。「だって 当時は コンビニになんかないから 行かないし もちろん スーパーにも行かないし いつだって 家でご飯食べて 外食にも行かなかったじゃない。家には TVぐらいはあったけどさ。今 コンビニにもスーパーにも あまり行かなくなって ここで じっと生活してることが なんか いい感じなのよ。すごく 自分にあってるような気がしてきたの」と つぶやいた。「そりゃ コロナだからこうしてるんだけど このスローな感じに 何だか はまっちゃった。もしかして 今だけだから そう思うのかなぁ。こもりだしてから 前より いろんなこと考えるようになったしね。たまに 教会の友達や神父様と 電話で話したりしてるんだけど それも すごく新鮮よ。この おこもり時間 何だか気に入っちゃった」と しみじみとした口調。

わたしは 『なるほどなぁ』と思いながら きいていました。実は ちょっと似たような感覚になっていたから。家にこもる時間が 今までより長くなってくると 外に向いていた目が その分 自分のことに向いてくる感じ。外には コロナの大嵐が吹いていて その脅威を感じてはいるのですが 自分のなかでは ちょっとスローな時間が流れているような感覚なんです。チマチマと繕い物をしたり マスクを縫ったり 部屋を片付けたり 写真を見て思い出にふけったり Blogの過去記事を読んでみたり ゆっくり料理を作ったり 自分のやりたいことは何だろうと考えたり etc  悪くない感じよ ちょっとだけいい感じ おこもり時間。

Aさんは 「教会に行けない時間も 神様が与えてくださった時間だよ」と。そうね。与えられた時間だと思えば 気もちも ちょっと軽くなる。かなりハードな コロナ時間ではあるけれど これを乗り切っていくことにも 大事な意味があるのかもしれません。あまりの試練だけど・・・。

ところで 話が終わるころ 「あのさ kemeさんに お花送ろうかなと思ってるんだけど・・・こんな時だから お花があると なごむでしょ」というから ちょっと驚いた。そうか お誕生㊗ランチでは 花を贈り合っているから そのことを気にしていたのかな。

彼女 「だって コロナ まだまだ 終わらなさそうだよ。来月だって 会えるかどうかわからないから それなら kemeさんちに送ってあげようかなと思ったの」と。わたしは 「ありがとう!!」と はしゃぎながら ちょっと迷いました。遠慮なく送ってもらうか それとも 断るか。そして やっぱり お断り。「ありがとう。お気もちだけ いただいとくね。お花は 今度会う時に。楽しみにしてまぁす。それより 今夜 こうして電話してくれたのが 何よりの花束よ。Aさんの声をきけて いろいろおしゃべりできて 本当にうれしかった。ありがとねぇ ほんとに ありがとう」と わたし。彼女は 「うん わかった。じゃあ そうするね。今度会う時ね」と 納得してくれました。

ふたりが お誕生㊗に贈り合っているのは ささやかなお花です。お互い負担にならないようにと わずかな金額で買えるお花のプレゼントにしようと 以前 話し合いました。もし 家に送ってもらったら 送料の方が高くなるもの。そんなこと Aさんに させられない。

それよりも 彼女からの電話 そして 花を贈ってくれるという その気もちが ありがたかった。花冷えの孤独な夜に ぽっと明かりがともるような あたたかさ。わたしのこころに 一輪の花が ふわっと咲きました。

まだまだ おこもりは続くでしょうが これもまた 意味ある時間と思って この時間も 大切に過ごしていこうと思います。

プリムラ・べリス
花の名は プリムラ・ベリス

きょうは きょうで こころあらたに 

    keme

読んで下さって ありがとうございます。あなたからの応援ポチッに 感謝いっぱい 胸いっぱい。とっても とても 励まされています いつも ありがとうございます(*^_^*)
            また あしたね(^^)/

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっと 押してくださいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ