FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

仕事を やめた人 やめられない人 やめる人。

昨夜は 遅くまで 友人たちと。多国籍料理とソフトドリンクで 4時間。食べる しゃべる しゃべる 食べる お変わりドリンク 3杯。

友人たちの名前 レモンさん オレンジさん アップルさんとします。このお三方 最近 50歳になったひとがいるので 全員が50代。一番若いのは レモンさん。わたしとは ひと回り以上離れています。

わたしたちは 病棟で働いたことのある 元同僚。彼女たちは 看護師さんです。数年前に 病院をやめて 今は それぞれの職場で働いていますが 時々会って親交を深めている様子。わたしも誘われて いそいそと出かけていくの。病棟で苦楽を共にしたひと達だから 気心がしれている。それに なんといっても みんな 独身でひとりぐらしだから ある意味 居心地がいいのです。年代は違うけれど シェアできることが いっぱいあるの。シニア仲間と言ってしまうのは まだ50代前半の彼女たちに申し訳ないような気もします。でも れっきとした シニアね。若い若いと思っていたひと達も もう 50代。そして わたしは 60代。

いつもは アハハ アハハの話が多いのですが 昨夜は ちょっぴり 趣が違っていました。というのは タイトルにも書きましたが 彼女たち 「仕事をやめたひと やめたいけどやめられないひと もうすぐやめるひと」なんです。

詳細はお伝えできませんが おおむね こんなこと。

レモンさんは 数年働いた職場をやめたばかり。人間関係や仕事の中身に不満ありで しばらく前から 悩んでいました。やめるに至ったいきさつを あらためて 詳しく聴いたわたしたちは 「それは やめて正解ね」と。なかなかに 壮絶な内容でした。

オレンジさんは やめたいけどやめられない。いろいろあって 体力の限界も感じたり そろそろ親御さんを見守りたいという気もちになっていたりする。本当は 今の職場をやめて 地元に帰りたい。でも 実家の近くに 働きたい職場があるかというと そこが問題。だから 現時点では やめたいけれど やめられないのです。

アップルさんは 今年度でやめる方向。パート勤務であるにもかかわらず 正職員と同じように扱われるのが納得できずに悩んでいたの。もともと 真面目で責任感のある人だから ぎりぎりまで我慢して頑張った。でも いよいよ やめることにしたそうです。

彼女たちは 訪問看護だったり 高齢者施設だったり 希望する看護の道を求めて わたしの勤務している総合病院をやめました。何事もなければ 62歳の定年まで あるいは それ以上 嘱託というような形で勤務を続けることはできたはず。それは どちらかというと 安定した道のり。でも 他人がどう思おうと 自分の決めた道をいきたいと思うことが 人生にはあるのです。彼女たちは それを実行したから 安定路線を降りたことを 全く 後悔はしていません。新しい職場で 自己実現するはずでした・・・。

人生とは ほんとうにままならない 思い通りにはいかないものですね。ここだと思って入った職場で またまた 岐路に立たされたのです。やめたレモンさんは もう これからのことを考えている。やめられないオレンジさんは 今後 どうしたら 円満退職できるか そして 親御さんの家にできるだけ近い職場を探すことを考え中。3月末にやめるアップルさんは 「やめたら しばらく ゆっくりする。充電できたら また働きたい」と言っています。三人とも 働くことそのものをやめてしまう気は 全くありません。要は どこで働くかということ。

看護師さんという職業は 需要が多く 選ばなければ すぐにでも職場を見つけられるでしょう。でも どこでもいいというわけにはいきません。そこも 彼女たちの悩みどころ。専門性を発揮して 気もち良く働ける職場 それなりの報酬を得られる職場探しは なかなか大変らしい。でも 彼女たちのことだから きっと 巡り合える 『ここで頑張る』と思える職場 働きがい そして 生きがいを感じられる職場に。わたしは そう 信じています。だって ステキなナースさんなの レモンさん オレンジさん アップルさん。。

人生の岐路は 何度でも 目の前に現れる。大きな岐路 小さな岐路 二股三股に分かれた道の さて どれを選ぼうか そのたびごとに ひとは 成長するのかしら。そして 成長するには 痛みがつきもの。それでも 自分の人生だから 苦悶の中で 答えを見出しながら また 前に進んでいく。

彼女たちと話しながら わたしもまた 自分の来し方を振り返りました。そして 年上のオバサンとしては 思います。『彼女たち 大丈夫 大丈夫 きっと なるようになる。やがて 必ず これでよかったと思えるような 人生の選択をするだろう』って。こころのなかで 応援していく これからも。ひとりもの同士 彼女たちにも 幸あらん。

今朝の空は 誰かが 落書きしたみたい。飛行機雲かしら?

0215.jpg

春めいて あたたかい。紅梅は ますます 爛漫 匂い立つ。

紅梅A

どうか 好き日となりますように

     keme

今日も 読んで下さって ありがとうございます。応援ポチッに ほんわか こころがあったまる
あなたからの応援に 感謝いっぱい!!いつも ありがとうございます(*^_^*)

では また あした(^^)/

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

  
関連記事