FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

義姉宅でいただく あねの味。

おはようございます。

少し喉は痛みますが 今朝も歩いてきました。空は こんなんで 暗~い感じの月曜日。。。

1202空

だいたい こんな天気の良くない日は からだの動きが緩慢になります。なんとなく おっくうというか。気圧の関係でしょうか。自律神経が影響を受けて 体調不良を感じたり 気分が沈んだりしがちです。それでなくても 風邪気味ですから いまひとつ 元気が出ません。

が しか~し こんな時こそ Blogなのですよ。Blogは 気分転換という意味でも わたしにとっては セルフケアの貴重なツール。とはいえ ネタが浮かばない時には ストレッサーにもなりますが。それでも 苦しみながら!? 何とか生み出した記事を書き終えた時の爽快感はたまらない。内容はともかくも 更新できたということだけで その日一日が終わったような 達成感があったりして。それで やみつきになっているというわけです。

ところで 昨日のこと。母の月命日のお参りに行きました。まず 義姉(70歳)の家へ。午前10時。

「おはようございます」と玄関を開けると 「いらっしゃい」とキッチンから声がします。ほっとしますよ 元気な声に。 勝手知ったる義姉の家。ちょっとだけ廊下をいき こたつのある茶の間に入ると 義姉も キッチンから戻ってきています。そこで ふたりは 座って畳に指をつき また あらためて ご挨拶。「まぁ いつも ありがとね」と義姉 「先日は ごちそうさまでした」と先月訪ねた時のお礼をいうわたし。この三つ指ついての挨拶 むかしから 変わりません。特別にお上品というわけではないのです。畳の部屋だから 自然にそうなるのですよ。それを終えてから 義姉は また キッチンへ。わたしは お仏壇にお供え物をして お線香を灯し おりんをチーンとします。そうしてから こたつに入ります。

テーブルに お茶とお菓子の用意はしてありますが 義姉は 手料理を温めたりするので キッチンへ行ったわけ。昨日は お赤飯と白菜のお漬物と なぜか 松前漬け それに りんごのコンポート そして おでん!!でした。ちなみに お赤飯は 毎回出てきます。たまに 混ぜご飯になるときもある。そして お仏壇には お赤飯が供えられていました。

わたしは 朝ごはんをしっかり食べてしまっていたので お腹がすいていません。このところ 朝のウォーキング前に 焼き魚定食!!食べるからね。なので お赤飯は ちょっとだけ頂きました。でも その他のものは パクパク もごもご。義姉の味付けは 母のと似ているので 昔から 全く違和感なし。「おいしい おいしい」と称賛しながら 遠慮なく いただいちゃう。

白菜のお漬物は 特に なつかしくなるようなお味でした。やっぱり この季節は 白菜のお漬物。ゆずの香りがする。すりおろした生姜が ちょこっとのっている。あぁ おいしい。自分では漬けないので 義姉んちでいただくのが一番さ。

松前漬けは 彼女が急に食べたくなったとのこと。材料が刻んであるものを買ってきて 作ったそうです。「もう お正月が来たみたいね」と言いながら いかをよ~く噛んで これまた おいしくいただきました。松前漬けって お正月のイメージなんです。

りんごのコンポートも 甘さが わたし好み。この甘さを求めてます。うれしかったなぁ。

そして おでん。義姉の作るおでんには じゃがいもが入っています。わたしは 自分で作る時には じゃがいもは入れません。他の具と一緒に煮ると 煮崩れするし 別に煮るのが面倒なんです。彼女は もちろん じゃがいもは 別に煮るんだって。おじゃがの種類は メークイン。「男爵やきたあかりより メークインだよ」と力説していました。そのメークイン おでん用に わざと小さめのものを買うらしい。切らずに丸ごとのおじゃがの方が おいしいし とにかく 煮崩れないからという理由。それに 「小さいのだけ集めて 袋に入っているのは 安いのよ」だって。さすが 義姉です。以前 母が言っていたっけ。「○○子さんは(義姉の名)は △△(長兄の名)の給料だけで 子ども達を大学(しかも 私大)に行かせたから 本当にやりくり上手な人だよ」と。やりくり上手は 今も同じ。年金生活 きっちり きっちり 暮らしています。

いろいろ食べて おしゃべりして さて 帰る時。義姉が お赤飯とおでんをもたせてくれました。おでんは 一食分。

それを車に乗せて 次は お墓参り。墓前で 母に伝えました。「おでん いただいたよ。かあさんも食べた じゃがいも入りのおでんだよ」 もちろん何の返事もなかったけれど 「そうか そうか あのおでんね」と 言っていたかもしれません。

義姉のつくったおでん。ちくわの右横に 鎮座しています メークイン。

おねえさんのおでん

夕食に ひとり用鍋であっためて ふうふうしながら 食べました。ほくほくのメークイン よく味がしみて 実に 実に 美味でした。

最近ですが 義姉が 母のように感じられることがあります。昨日のように おでんをもたせてくれたり いろいろと お世話になっているからね。母が生きているころは 母が よく 手料理をもたせてくれたから そんな思い出とかぶるのかもしれません。今は 義姉宅が わたしの実家。父母や兄たちのお位牌も守ってくれている彼女には 感謝するばかりです。義姉が 幸せを感じながら暮らしていけることが わたしの願い。。。

曇り空でも ビオラが はなやかな彩を見せてくれています。Blogを書いて 花の写真を見て こころに青空が見えてきたような感じ。

ビオラ2019a

一週間のスタート。どうか よき日々でありますように

     keme
   
読んで下さって ありがとうございます。応援ポチッも すご~くうれしい💖
あたたかい応援に 感謝 感謝です。いつも ありがとうございます。
じゃあ また 明日ね(*^_^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

       
関連記事