FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

ただ ぼ~っとして ぼけ~っとしている それがいいのよ それでいい。

昨日は 電話相談の当番日。ほぼ月に一度 巡ってくるお仕事。おべんと持って すたこらさっさと 職場へ Go。     

    🚙

9時から4時まで。お昼の休憩は 1時間。あとは 座りっぱなしで電話を受ける。受話器を持つ手が疲れるし 耳に当てているから 耳も痛くなる。いつも思うけど 企業のコールセンターで使うような ヘッドホンとマイクが一体になったものにしてくれないかしら。受話器を持つ必要がないので メモも取りやすい。でも それを導入する予算が ないかもしれない。なんたって 財政ひっ迫しているみたいだから。たった 一台の電話なんだけど。

この仕事をすると 必ず 寄り道をしたくなる。小さな部屋にこもりっきりだから とことん解放されたい感じ。電話をかけてこられる方々の 様々な物語で 脳内は飽和状態。どうしたって クールダウンは必要なのだ。

先月の仕事帰りは お茶したかったカフェが たまたまお休みだった。仕方なく 立ち寄ったパン屋では 食パンが売り切れていて・・・というようなことがあったわね。

昨日は どうだったかというと・・・湖のある公園内の カフェを目指して まっしぐら。

車を停めて 歩いていると 花壇の花が 目に飛び込んできた。台風後に植えたのか 少しの傷みもなく 鮮やかに咲いている。ストックに パンジー。秋から 春まで 長く なが~く 楽しませてくれる花たちだ。

公園の花壇

そうだ そろそろ 我が家でも パンジーやビオラを植えないと。毎年 今頃の時期に 近くのホームセンターで 苗を購入していたのを思い出した。でも その ホームセンターは 台風で 床上浸水になり 初めは 屋根しか見えず ほとんど 水没した様相を呈していた。今になって このように書けるが ニュースで その映像を初めて見た時は ショックのあまり 食事ができなかったほど。聞くところによると 今は もう水が引いて 建物の全容が見えているらしい。再び 営業を開始するまでのご苦労を想うと その大変さに呆然としてしまう。台風の残した爪痕の大きさにまだまだ 苦しんでいる人たちがいるのだ・・・。そんなことを考えながら 花たちを見つめた。花は どんなときにも 花として生きて 咲いている ただ それだけだ。それがまた わたしのこころを引きつける。

さて 日曜日の夕方 湖畔には ジョギングをする人 ウォーキングをする人 ひとりの人 家族や友人と連れだっている人 老若男女が 彩り豊かに楽しんでいる。湖の周囲 3kmウォーキングについて 記事に書いたことがあるけれど 今回は 歩かない。少し肌寒かったし 歩こうというまでの気力が やや失せていた。

はたして カフェは 営業中。湖畔に面した ガラス張りの店には お客が大勢いた。湖のよく見えるひとり掛け用のテーブルがあるので そこに座る。

湖畔のカフェ

目の前を行きかう人達を眺めながら 何もせず ぼ~んやりとしていた。スマホも持たず 文庫本も持たず 手にするのは ジンジャーティーのカップだけ。遠くに見える噴水が 空高く上がっては 急降下。それを何度も繰り返している。この噴水 ずっとそうしているわけではない。噴水状態になるのは 決まった時刻の数分間だけ。勢いよく上がった水しぶきの美しさを見られるのも たまたまで これもまた 一期一会。しばし 噴水劇場に目を凝らした。

あとは ぼ~~~っとしていただけ。仕事の後のセルフケアには ちょうどいい。リズミカルに歩いたりするのもいいが ただただ ぼけ~っとして ぼんやりして ゆっくり呼吸して そこにいるのもいい。不思議と 店内の話し声が気にならず ひとりの世界にひたっていられる。

先ほどまで握っていた受話器の中の 耳に残った様々な人々の声や人生の物語から離れて 自分の世界に戻ってくる・・・そんな感じがしている。そして 離れていく数々の記憶のあとには 「あぁ 皆 懸命に生きているんだ」という思い。心配事や悩みを抱えながら それぞれの人生を 必死で生き抜こうとしているんだ。そして それは わたしも同じではないか。電話をかける側と受ける側 その生きる境遇は ことごとく異なるけれど この人生を頑張っていきようとしているのは 同じだ。何かにうろたえ 心配しながら あわてふためくこともある 何かに悲観することもある でも 思い直して 立て直して また 生きていく。たとえ 電話の向こうで「死にたい」とつぶやいていても それは 「生きていたい 本当は生きていきたい」という思いの裏返し。生きようとしている命なのだ。

電話の世界にいれていた 片方の足を ふっと戻して 両脚をそろえる感覚・・・。そうして 戻ってくる わたしの世界に。わたしも 受話器の向こうの方々と同じように 生きねばならない わたしの人生の現実をね。

ところで ぼんやり ぼ~っとしながら & ぼけ~っとしながらいると しだいに こころやからだが ふわっと ほわっとしてくるものだ。脳が 安静状態になるのだろう。ふと 『あぁ 雨が降らなくてよかった』など 思い起こされた。朝は 雲が多かったから 傘を持って出たし 傘のピンブローチを デニムジャケットの襟につけて お守り替わり。なんとしてでも 雨を降らせたくないんだ。仕事中 部屋の窓から見えていた空には スカイブルーも見えていた。☂ 降らなかったのは ブローチのおかげかな。

デニムにピンブローチ

湖畔のカフェで 35分。あぁ この時間があってよかった。リラックス&リフレッシュ。ただ ぼ~っとして ぼけ~っとしているって それがいいのよ それでいい。ほんと そう思った。

   🚙

一夜明けて 今朝の空は?

1021朝の空

どんよりとした雲が多いこと。水色の空が 思わせぶりに ちょこっとだけ覗いている。覗いていないで 雲を押しのけて出てきてほしい。青いお空よ 広がって。また 台風が来ているっていうじゃない。追い打ちをかけるような自然の脅威 またしてもか。みんな みんな 無事でありますように。

ユリオプスデイジー

ビタミンカラー 黄色のデイジー。この花 春は 次々と咲いていて 真夏の間は お休みしてたの。そしてまた 今になって咲き出した。お休みタイムは大事ね。元気をもらって 一週間をスタートします。

あなたも どうか お健やかな日々でありますように。

      

今日も 読んでくださって 本当にありがとうございます。
応援ポチッも すご~くうれしい 💖あたたかい応援に感謝しています。いつも ありがとうございます(*^_^*)じゃあ また 明日。。。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ



関連記事