FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

ドジしながらの 脳ドック。

昨日は 脳ドックを受けてきた。
国保の人間ドック等補助金を申請して受けられることになったことを 7月に書いている。
脳ドック 国保の補助を受けられることになった。

当時 当該病院にすぐ連絡したが 混んでいて9月の予約がとれず 今月まで待っていた次第。問診表が送られてきていたので それと保険証をもって 出かけた。初めての病院なので 健診センターの場所がわからない。まず ウロウロしてしまう。よく見れば メイン玄関の横に 健診センターと表示されていたのに キョロキョロしても目に入らなかったから 結局 総合受付で教えてもらった。出だしから この調子だもの 先が思いやられる。

健診の受付で 数枚の問診表と保険証を渡した時 受付の女性が 「他の書類もお持ちではないですか?」と聞くので 「あらっ?」とわたし。「補助金交付の通知書という書類が 手元に届いていたと思うのですが・・・。それに 市の健診受診券も必要です」と彼女。そういわれて 『通知書 あぁ そういえばそうだった』と思いながら 「申し訳ありません。忘れてしまいました」と告げた。

「そうですか。そのふたつがないと 補助が受けられず 全額負担して頂くようになるんですが・・・」と申し訳なさそうに 彼女が言うが 申し訳ないのは わたしだ。すんなり手続きの作業ができるところを わたしが その書類を忘れたばっかりに ストップしてしまっている。「家に戻れば あると思うんです」と おそるおそる言ってみると 「そうですか。それでは 今日中にお持ちいただけますか?」と。

病院から 我が家までは 15分ほどなので 「今日中に届けられます」ときっぱりと答えた。すると 彼女は オフィスの奥に消え すぐ戻ってきた手には 一枚のプリント。「それでは この書類に同意の署名をしていただけますか?」と手渡された用紙には 『通知書等がない場合 費用の全額を支払います』というような文言が書いてあった。

その用紙に署名をしながら 「この用紙があるということは わたしのように 忘れてきてしまう人がいるということかな」と思った。自分のようなドジっ子が 他にもいるんだと 妙に安心したりして。でも ふっと 『家になかったらどうしよう』という思いも 頭をかすめた。ううん ないはずはない。だんだん その通知書の記憶が戻ってきていて 確かに その通知書に 住所と名前を書いたのだった。ただ どこにしまったかは 明確に思い出せない。そこが 不安だった。

そんなドジを踏みながら スタートした脳ドックだが そこからは スムーズだった。検査着に着替え スタッフの誘導で 次から次へと トントントンとことが運ぶ。この病院の脳ドックには 基本の検査 つまり 特定健診の項目も入っている。血液検査 心電図など。それに 大腸がんの検便検査や眼底検査 さらに 腹部の超音波検査なども。わたしは 4月に職場の健康診断を受けているが これまた自分のミスで 大腸がんの検査を受けられなかった(希望項目にチェックを入れ忘れた)ので 大腸がんの検査もやってくれる この病院を選んだわけ。

脳ドックは 他の病院で 3年前に経験済み。MRIや頸動脈の超音波検査なども 慣れているといえば 慣れている。でも MRIの あの音はさすがにうるさくて 眠ろうと思っても眠れなかった。今でも 聞こえてきそう ガーガー トントン ガチャガチャ ガリガリ? 20分ぐらいかな。とにかく 騒々しい。検査技師が「途中気分が悪くなるようなことがあったら 押してください」とナースコールを右手に持たせてくれた。わたしは 閉所恐怖症ではないから 頭をすっぽり覆われた中にいるのは それほど気にならない。でも 目はしっかり閉じている。目を開けたら やっぱり ちょっとだけ恐怖心がでてしまうもの。それでも ナースコールを押さずに済んで ほっとした。

1時間半ほどで すべての検査が終わった。さて お会計。

この病院の脳ドッグ(市の受診券を使った脳ドッグに限る)健診料は 59,400円。市の補助金は29,000円だから わたしの負担金は 30,400円になるわけだが それは 9月中に受診した場合。10月に受けたから 1,100円プラスされる。理由はわからないが とにかく そんなふう。だから お代は 31,500円。クレジットカードで支払ったが それで 終わりではない わたしの場合。書類 書類よ。必要なものを 持ってこないと あと 27,900円支払わなければならないのだよ。「それでは 家に戻って 書類をもってきます」と 病院を後にした。

家に向かって運転中 気が気がじゃなかった。だって 通知書と受診券が もし なかったら どうするのさ。

玄関を開けて 靴をそろえてなんていられない。脱ぎすてたまま 『きっと あそこよね』というタンスの引き出しに まっしぐら。なんと そこにはなかった。え~ ここにないとなると どこへしまったのだ.。焦りだす わたしだったが そのうち はっきりと思い出した。机の二段目の引き出しだ。そこには これまでの 血液検査の結果や からだノートをいれている。いわば 『健康引き出し』だ。あわてているから その『健康引き出し』が 頭に浮かばない。危ういねぇ この状態。

そして そこを開けると 通知書と受診券が きちんとそろえて入れてあった。あぁ よかったと胸をなでおろす。初めは 問診表数枚も この中に入れておいたのだが 先週あたり 問診表を記入しようと 問診表だけ引き出しから出したのだ。書き終わった問診表だけ 病院から送られてきた袋にいれて そのままになってしまったのだろう。その時に 受診券も通知書も入れておけばよかったのに。しかも 昨日の朝 袋の中身を確認もせず 何も気にせず 出かけてしまうのだもの。我ながら あきれるわ このドジぶり。

なんやかや 先日の財布の置き忘れといい 今回のことといい わたしのアタマ かなり アヤしくなっている。これだもの 脳ドッグ 必要なわけよ。

病院に 必要書類を届けて 一件落着。ちなみに 検査の結果は 一か月後に届くらしい。遅い 遅すぎると思うのは わたしだけ? 受付の人がいうには 「市の受診券の方は 遅くなります」だって。もし どこか悪いところが発見されていても そうなの?そんな時には 早めに知らせてくれるのかしら。いずれにしても 検査結果を待つというのは どんな検査でも 落ち着かず 心中穏やかではいられない。でも そんな思いをしてまでも やっぱり 自分のいのちを守りたい。まずは 自分自身のからだに向き合うことが 予防・対処の第一歩だと思うから。

1017朝の空

今朝の空は 優しい青い色。西の空に お月さまが 残っている。だいぶ 気温が低くなって 今季初めて ダウンを羽織った。

ピンクのダウン

このダウンジャケット 数年前に購入してから かなり着たおした。くたびれてきたので 処分しようかなと思ったが もったいないから 朝散歩のときに着用することに。今朝は 厚手のTシャツに この薄桃色。あったかくて やさしい気もちになる。

晴れているから 植物園の花も 元気に咲いているかしら。パープルのセージ。台風で倒れていないと いいのだけど。

セージ・パープルマジョステイ

さて 今日も 貴重な一日よ。深呼吸して スタートします。

       

今日も 読んでくださってありがとうございます。
応援ポチッも すご~くうれしい 💖あたたかい応援に感謝しています。いつも ありがとうございます(*^_^*)じゃあ また 明日。。。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ