FC2ブログ

ひとりシニア 日々の思いを綴ります。

さ さ 財布がない。

昨日の午後 美容室の帰りに ガソリンスタンドに寄った。数台並んでいたので 停車して待つ間 助手席に置いたバッグから 財布を取りだそうとしたところ 財布がない。あれっと思って バッグを膝にのせて ごそごそと確認したが やはりない。えっ 家に忘れてきたのか 財布。家から 直行で美容室に行ったので どこかに落とすはずはない。

美容室の支払いでは 気がつかなかった。PayPay支払いのため スマホ決済したので 財布は 必要なかったのだ。

どうしよう スタンドの支払い。まだ 給油してもらっていないから このままUターンしようかと思ったら もうひとつのカードに救われた。バッグの中に ちゃんと入っていてくれた そのカード。それは JRのビューカード。SUICAカードも兼ねているから このカードだけは パスに入れている。電車に乗る時に すぐピッとできるように 財布とは別にして 持ち歩いている次第。

したがって ガソリン代は ビューカードで支払って さぁ あとは 家に帰るだけ。『財布 家にあるよね。たぶん テーブルの上にでも置いてある。もし あれをなくしてしまったりしたら かなり ショック』と 思ったのには わけがある。つい最近 新調したからだ。赤い色の長財布を使っていたのだが かなりくたびれてきていたので 緑色の二つ折りの財布に買い替えた。長財布は使いやすかったが バッグに入れた時に幅をとるから ややコンパクトな財布にした。ウキウキして 持ち歩いていたのに あの財布とお別れするのは しのびない。なによりも 財布の中身がなくなったら どうしようもない。

『家に戻れば 財布は あるはず』と この時点では かなり楽観的だった。

帰宅して さっそく リビングのテーブルを見た。財布は? ない。あれ? どこ?

4畳半のおこもり部屋のテーブルも見た。ここにも ない。

寝室にあるはずはないと思ったが 見に行くと やはり ない。

バッグの中身をどさっと入れておく かごの中にも 入っていない。

こうなると 青ざめてくる。あるはずでしょ。どこなの?

もしかして 車の中に落っこちでいるかもしれない。以前 そんなこともあったから。急いで 車のドアを開け ダッシュボードからシートの下まで くまなく 探したが ない ない ない。

こうまで探しても ないとなると 財布は いったいどこに消えたのだ。いよいよ 最悪の事態かと思ったその時 『待てよ まだ見ていないとこがある お風呂場は?』と思い立ち 見に行くが それは もちろん あるはずなし。さすがに お風呂場にはもっていかないよ。次は キッチンか こんなとこにも持っていかなかったと思うんだけど・・・。

はたして キッチンのシンクの上に それはあった。こんなふうに。

あった 財布

そこで やっと思い出した。出かける前に 財布の中身を確認したのだが 午前中に食料品を買いに行ったときのレシートが入っていた。金額をメモして(あとで 家計簿に書く) レシートをキッチンのゴミ箱に捨てたのだった。そのあと 水を飲んでから出かけようと思って コップで水を飲んだ時 財布をそこに置いたのよ。そして そのままになったというわけ。

こんなところに置いたなんて 発見するまで 全く思い出せなかったわたし。無意識に行動していることは 時として まったく記憶をたどれない。なぜ こんなところに置いたのかしらということが たまにある。例えば 大事な眼鏡が とんでもないところに置いてあったりするのだ。これも 加齢?

一時はどうなるかと思った 財布紛失?事案も 事なきを得て 終了した。ほんと 胸をなでおろした 緑の財布

ところで 美容室では カットと白髪染め。あまり変わり映えしない髪型だが 今回は 耳を完全に出してもらった。これから 寒くなる季節だから 耳がヒヤッとしそうだけど 心境の変化 というか 気分転換。髪も 染めてもらった。だいぶ白髪も増えてきたなと思うこの頃。グレイヘアにする勇気がない。しばらくは 黒髪で。こんな感じ。

 2019秋のヘアー

さてさて 今朝の空。まだ雨が降っていなかったので 朝散歩 決行。生ぬるい風が吹いてくる。どんよりとした濃いグレイの雲が 低く流れていく どんどん 流れていく。台風が ビュービュー ゴーゴー そして ヒタヒタと迫ってきている感じ。 

1012空

記事を書いていると バラバラと雨が降りだした。少しずつ 風も強くなってきている。今日は 夕方から夜にかけてが ピークらしい。最大級の台風 そう聞いただけで 怖くなる。

植物公園の千日紅も 暴風雨にさらされるのだろう。何とか倒れずにいてほしい この花。

植物公園の千日坊主
 
写真の千日紅 ひとりぽつんと心細い? わたしも ひとりで とっても とっても心細い。前回の台風の時も 怖くてこわくて 仕方がなかった。近くの木が倒れるんじゃないか 北側の木造のひさしが飛ぶんじゃないか 瓦が落ちるんじゃないか 家ごと吹き飛んでしまうんじゃないか 何しろ ちっちゃな家だから。心配することばかりで 眠れやしなかったもの。あぁ 憂い多き ひとり暮らし。

今日から明日 どうか 鋭い爪跡を残さずに 台風よ 去って行ってほしい。

あなたも どうか お気をつけてくださいね。

       

今日も 読んでくださってありがとうございます。
応援ポチッもうれしくて すご~く すご~く感謝💖 と~っても 励まされてます。
いつも ありがとうございます(*^_^*)では また 明日。。。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ



関連記事