fc2ブログ

60代を生きる。ひとりもの&ひとり暮らしの 日々の思いを綴ります。

群れのなかにいて 想うこと。

CATEGORY雑感
greeting メランポディウムa   メランポジウム

ちょっとだけ朝寝坊をして ウォーキングに出かけるのが 遅くなりました。すると コースの途中で 懐かしいメロディとともに 普段見られなかった光景に出くわしたんです。なんの曲かというと ラジオ体操が始まる時の ♪ あたらしい あさがきた~~。一気に 子ども時代を思い出しました。

昭和時代は 【子供会】という組織があって 夏休みになると各地域ごとに集まって ラジオ体操をやっていました。毎朝 スタンプカードをもって 集合場所にとんでったなぁ。まじめに通ったほうだったかも。真っ黒に日焼けした おかっぱ頭のkeme時代。あれから半世紀以上が過ぎ すっかり 老女になりました(^_-)-☆

ところで 今朝見た ラジオ体操の場面は 子どもたちではありません。大人たちの ラジオ体操。公営の集合住宅が並んでいる地域に 公園があるのですが そこに集まって やっているようです。わたしが通りかかったときは 参加者が集まってきているところ。

公園の風景

それほどたくさんの人が いるわけではない。やりたい人だけ 参加する。そういうことでしょう。遠目に見ただけですが シニア世代が多かったような…。時間的な余裕がないと 6時半に集まるって なかなか大変だと思います。

さて わたしは 公園の横で立ち止まり スマホでカシャッと撮ってから 歩き出しだしたのですが すぐに 公営団地の道から出てきた ひとりのシニア男性(70代ぐらい)に出会いました。といっても 彼は 反対側の歩道を歩いているので 顔は合わせていません。

帽子をかぶり 運動靴を履いている。『あぁ この人も ラジオ体操に参加するんだな』と 思いました。それにしては 手に 携帯用ラジオ(?)がさげられていて しかも 演歌が流れている。

少し歩いてから 気になって振り返ると 彼は 公園内には入らず そのまま 歩いていってしまいました。ラジオ体操の輪には入らず ひとり ウォーキングをする人だったわけ。おそらくは 団地に住む人だったと思うので ラジオ体操の人たちの中に 知り合いもいたかもしれませんが その群れには入らず 自分は自分。そんな雰囲気を 彼に感じました。

もし わたしが その団地に住んでいたとしたら ラジオ体操に参加するかな それとも 参加しないかな。そんなことも想いながら 『まぁ どうでもいいことね。参加したければそうするし 参加したくなければ そうするだけ。いずれにしても 無理して どうこうすることじゃない。自分の気もちにきけばいい』というところに落ち着きました。

演歌ウォーキングの彼を見た時 『群れには入らず 自分は自分』というような印象をもったのは わたし自身のなかに そのような要素があるから。どちらかというと 群れるのは 好きじゃないほうかもしれない。年がら年中 群れているというような状況は嫌ですね。でも 群れること自体を いつでも拒むわけではないし どうしたって 拒めない。とどのつまり 生きている限り どこかで 群れているのです。

この地球の中で 世界という群れのなかにいる。この国・地域の社会(世間) 職場 友人 家族という群れ。女性 高齢者という属性も 群れかしら。さらにいえば ブログ村に登録しているのも FC2ブログにいるのも 一種の 群れている状態かもしれません。群れずにはいられない それが人間?

そういった群れのなかに浸りながらも 時々は 群れの価値観に縛られず ひとりの人間として 自分は自分として 自由に 自分らしく生きられたらいいなぁ。

とはいっても 自分らしいって どんなだろう。きわめて あいまいな わたしらしさではあるのですが…。

なんだか よくわからん ヘンなことを書いているなあ。暑さで アタマがまわらない…と 暑さのせいにしておこう(>_<)

あっ 空も撮ったんでした。立秋の日 今朝の空。

立秋の空

いつも読んでくださって ありがとう m(__)m

greetingメランポジウムb

きょうも おつきあいくださって ありがとう。ポチッにも励まされ きょうも あしたも 綴りたい…ありがとう💚

どうぞ お健やかに お過ごしくださいますようにHave fun.

では また (^^)/    keme
関連記事