fc2ブログ

60代を生きる。ひとりもの&ひとり暮らしの 日々の思いを綴ります。

義姉宅訪問・・・引き際。

CATEGORYくらし
グリーティング ブルーベリーa   お隣のブルーベリー。見ごろ 食べごろ 写しごろ。

8月1日 月初め恒例の 義姉宅訪問 そして 墓参。

Blogをアップしてから 急いで 出かけました。午後は 大気が不安定になるという天気予報が出ていたの。『大気不安定』の意味は 豪雨 & 雷。このところ そのような認識になっています。土砂降りの中を運転するのは怖いし 稲妻を見るのも 恐ろしい。はやいとこ 行ってこなきゃ。

      愛車314

義姉宅に着いたのは 午前10時過ぎ。先客あり。それは 義姉(72歳)のお姉さん(74歳)でした。なにやら 用事があったのでしょう。わたしとは 久しぶりのご対面です。

「このまえ会ったの いつだったかね?」に 「う~ん いつだったでしょう?」というふたり。年に1~2度は 義姉宅で 偶然出会ったりする。わたしは 元気はつらつな彼女のことを 「〇〇(町名)のおねえさん」と呼んでいます。

コロナワクチンのことなどを話していると また 来客あり。今度は 実家の弟さん(69歳かな)でした。彼とも たまに遭遇し 気兼ねなく話をする間柄。

長兄が亡くなってから 20年余り。毎月訪問して 義姉のきょうだいとも会う機会が多くなったので 自然に打ち解けてくるものです。ごく若いころは 挨拶ぐらいしかせず 自分から 世間話などできなかった。それが今や 冗談も言えるほどに わたしも おとなになりました。

それはそうと 彼は 数個の荷物を抱えている。それは 梅干しの入ったタッパーでした。そのひとつを 「ちょうど いいとこに来たねぇ。kemeちゃんも 持っていきな」と 手渡してくれたんです。

「え~ わたしにも?いいんですか?」とびっくりしていると 「いっぱい漬けたから みんなに配ってんだよ。ひとつ 食べてみな」と勧める。ふたを開けて 一個をつまみ 口に入れました。酸っぱ~い!! けど おいしい。それに お塩が 控え目? 

そのとおりに 感想を告げると 「そうだっぺ(方言 そうだろう)。塩を 極力少なくしたからな」と 得意顔。ちなみに 彼は 料理好きで お漬物なども お手のものです。

義姉のきょうだいと わたし。梅干しの話に 花が咲きました。

ところで こんな時 つまり 義姉たち3人とわたしというような構図になったときは あまり長居しないようにしています。わたしだけ他人だから お互いに 気まずく思う?というわけではない。たまたまであっても きょうだいがそろうということは 何か相談事があるのかもしれない。義妹だからこそ どんなに気心が知れていても はやめに おいとましよう。引き際が 肝心。そんなふうに想うことがあるんです。

特に 昨日は 昼までには帰宅したかったから これ幸い。タイミングをはかりつつ 40分ぐらいで 「それじゃ この辺で」と 席を立ちました。義姉と二人きりだと 1時間以上 おしゃべりしちゃうのにね。

義姉は 「あらぁ ゆっくりしていけばいいのに」と言ってくれたけど それは とりあえずの 決まり文句。ということで ごきょうだいにも挨拶して 次なる目的の 墓所へと車を走らせました。

母のお命日のお参りは カンカン照りの中。花差しを洗う。雑巾を絞り 墓石の汚れを拭く。その水の冷たさが なんとも言えず 心地いい。でも あまりの暑さで 線香が燃え尽きるまでなんて いられない。「また お盆にきます」と またもや 早々に 墓所をあとにしました。 

     愛車314  予定通り 正午過ぎには 帰宅しました。

ところで 

弟さんからいただいた 梅干しです。

いただきもの 梅干し

塩辛さは ほんのりだから 梅ジュースに入れたらどうかしら。

梅干し入りの梅ジュース

う~ん おいしい。ほどよい塩分摂取で 熱中症予防にいいかもしれない。これで この夏を乗り切れるかな。

greetingブルーベリーb

きょうも おつきあいくださって ありがとう。ポチッにも 励まされております
どうぞ お健やかに お過ごしくださいますようにHava a nice day

では また あした (^^)/    keme
関連記事